看護学生 コツケンブログ

看護学生として社会人として、書きたいことを気の向くままに書いてます!

学生35 卒業まであとすこーし!

明日、看護学校を卒業します。


なんとも言えない...

多分、嬉しいんだろう...


准看護学校を経由してるから

卒業まで5年かかった。


学校では、いろんな人に会いました。


年齢も前職も、経歴も違う。

いい人、嫌な人

リーダー的存在な人

なぜか嫌われる人

周りに溶け込めない人

浮いている人...


たった30人ほどの人の集まりなのに

学校は社会の縮図とはよく言ったもので...


まさにその通りだな〜って思う...


看護の勉強するために学校に行っているのが

いつのまにか

人間関係の構築の勉強をするために行っていた気もする...


27歳から看護学校に行ったけど

楽しいことより

いやなことのほうが多かったかもな〜...


働いている時の人間関係とは

ぜんぜん違う、

学生ですって感じに過ごさないと

上手く対応できない感じ。


この歳になって

「友達」とはなんだろう

「仲間」とはなんだろう

「教える」とはなんだろう

「学校」とはなんだろう...

そんなことを悩むとは思わなかったな...笑


でも

嫌なことがあっても

時間が過ぎて

「思い出」になってしまったら

いい思い出になってしまいそう...


ほんと、人間関係の勉強をさせてもらった...


もちろん

楽しいこともあった。

実習終わってから飲み会したり、

思いっきり笑っていたこともあった。


看護学校に行って

看護の勉強以外に学んだことは

いっぱいあるから

行って良かったのかな。

そう思いたい。



何はともあれ

わたし明日、卒業します!