看護学生 コツケンブログ

看護学生です。思ったことを書いています。

日常145 桜花賞だよ。強い奴はどいつだい?

ラッタッター、ラッタッタター♪
どうも、コツケン・カエラです。

桜が咲いています。満開といっていいほどに咲いています。

季節は春になりました。気温も20度近いです。
コートもいらず、だんだんと暑くなってくるのでしょう。

そんな中、すでに暑さを...いや「熱さ」を増しているのが、

そう、

桜花賞」です。

わたし、つい最近から競馬を始めました。
勉強の息抜きとして、趣味の範囲でやっています。
競馬はお金がかかりますから、趣味でするにしても

「冷静に熱くなりすぎずに」

これが大切です。

競馬を予想するのが楽しくて、楽しくて、つらいや。

 

それでは、桜花賞を予想してみます。

ちなみに、競馬をしてない人には、全くもって無益な記事でしょう。笑


2017 桜花賞

雨のため、また、開催日程が進んでいることから、内枠の芝が傷んでいると予想される。そのため、外枠が有利ではないかと考えられる。

 

ソウルスターリングを軸に考える。

相手は、6 9 10 12 15 16

14 ソウルスターリング
関東馬のため競馬場までの輸送面に不安が残るが、今回が3回目の輸送であり、過去の戦績からも不安は払拭され、輸送に関して「慣れ」があると考えられる。
そして、過去のレースを見るにあたり、他の馬とは芝の1600において、格の違いがあると感じる。
雨が唯一の不安材料であるが、今までのレースでは体重が480kg程で出場しているため、牝馬としてはパワーもあると考えられる。また、外枠であることからも、雨による芝がもたらす影響を受けにくいと考えられる。
おそらく、晴、雨でも芝1600は強いであろう。
また、ルメールがアドマイヤミヤビよりこちらを乗ることを選んだのも強みと考えられる。


6 リスグラシュー
毎回、あと少し距離があれば勝てそうなレースをする。1800で好タイムを出していることから、適正距離は1800以上からと考えられる。
内枠、雨、距離のことを考えると3着に入ることがやっとではないだろうか。このあとのオークスを前に調整することを考えても、リスグラシューがレースを勝ちきることをイメージしきれない。


9 ゴールドケープ
「穴」候補である。
今までのレース後のコメントによれば、雨が降れば強いらしい。


10 レーヌミノル
「穴」候補である。
芝で適応しなければ、ダートに使えるくらいパワーがあるらしい。
毎回「おしい」レース展開をする。
ダイワメジャーの血統である。
1400、1600ともに良いレースをする。
雨が不安でもあり、それがまたレーヌミノルにとっては好材料でもあるのではなかろうか。


12 アエロリット
「穴」候補である。
関東馬であり輸送面に、また、雨であることに不安材料がある。
ソウルスターリング、アドマイヤミヤビがいることから勝ちきることをイメージしきれないが、不安材料である雨が功を奏し、先行すれば一発があるかもしれない。


15 アドマイヤミヤビ
悩みどころである。
ソウルスターリングに負けず劣らずの戦績である。しかし、G1には初出場であり「経験」を考えるとソウルスターリングに勝ちきることがイメージしきれない。
雨、経験の少なさといった不安材料のほかに、ルメールからの乗り替わりが気になる。
好調のデムーロになったとはいえ、どうだろうか。

16 ミスパンテール
悩みどころである。
前回のG3のレースで2着であり、1600は適正距離といって申し分ない。
不安材料は場数が少ない、雨、外枠であること。
ダイワメジャーの血統と馬体が500kg程なことから、一発はあるのかもしれない。


買い目を減らすとしたら、

14 ソウルスターリング
15 アドマイヤミヤビ
12 アエロリット

でしょうか。

 

芝がかなり悪ければ、10 レーヌミノル、16 ミスパンテールを。

雨が強くなったら、9 ゴールドケープを追加。

 

.......かな。

 

とにかく、良い馬ばっかりだから予想がつかない。

 


予想はあくまでも、個人の趣味の勝手な想像も入れた予想なので、独り言であり、アテにしないでください。

 

 

 

......

結果はソウルスターリングが3着か。

 

予想は楽しいわ。