読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護学生 コツケンブログ

看護学生です。思ったことを書いています。

看護学生32 学生に必要な文具パート2

かなり前に書いた「学生に必要な文具」という記事が好評のため、パート2を。

 

前回は「ボールペンの色」について書きましたが、

今回はあったら便利なものを一挙に書いてみようと思います。

以下の文章にどんどん挙げていきます。

 

1、『筆記用具入れ』は、穴あけパンチが入るくらい大きいのが良し!

2、『消しゴムは2つ』あったほうがいい。

3、『シャーペンは0.3』が書きやすくて良い上に、付属の消しゴムは意外に使うことがあるから、あなどるなかれ!

4、100均で売っているから、『穴あけパンチ』を自前で持っていると良し!

5、リングファイルより、『透明なクリアファイル』のほうが良し!

6、『定規』は小さいのと大きいのがあったほうが便利だ。

7、前回の記事にも書いたけど、『ボールペンは0.5より細い』ほうが良し!

8、『付箋』は可愛さも必要だけど、機能性を考えて用意したほうがいい。

9、『蛍光マーカーは2色、少なくとも3色』あればいいんじゃない!!

10、メモ用紙にもなるから『ルーズリーフ』は持っておくべし。

なぜこれらを揃えるのがいいのか、その「根拠」とやらは後々書いていきます。

 

全ての文具に言えることですけど、可愛さや格好良さも退屈な学校生活のモチベーションのためには、モチろん必要だと思います。

そこも大切ですが、やっぱり看護学生の必要とする文具は、使いやすく長持ちするといった、

 

『機能性』

 

これが一番大切だと思います。

また、文具を揃えるにあたってですが、学生だから安いほうがいいのは、あたり前田のクラッカー。

安く揃えることに、こしたことはないです。

しかし、

安くても使いづらいのを使い続けるより、多少高くても使いやすい文具をセレクトしたほうが良いです。

例えば、

実習の記録をしていて、何時間もシャーペンを握ってたから、ペンだこができてしまった.....

テスト中に、消しゴムで書いた字を消そうとしたらなかなか消えないから、答案用紙をビリッと破いた...

付箋に字を書き入れようとしたら、書くスペースが少ないじゃないか.......

なんてことはよくあること。

もちろん文具の価格はピンキリです。

そして、価格が『高い』からいいとは言いきれません。

安くても使いやすいものもあるでしょう。

ただ、文具を購入する時に、実際に文具を使っているところを想定して、イメージした上で揃えることをオススメします。

看護学生の文具は、いわば『大切な武器』ですから、

文具選びは慎重にしたほうがいいでしょう。