読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護学生 コツケンブログ

看護学生です。思ったことを書いています。

SMAP 14 がんばりましょう

SMAP、14枚目のシングル。

この曲は好きだ。カラオケでも歌う。

  

「かんばれ!」「がんばってください」

この言葉はあんまり好ましい言葉じゃないことが多い。

 

がんばって何かに勤しんでいる人に「がんばれ!」と、つい応援したくなる気持ちは分かる。

 

しかし、既にがんばっているのに更にがんばれ!とはいかがなものか。

言われることでムチを打たれるように感じる人もいるだろう。

 

では、がんばっている人に応援したい時に「がんばれ!」を使わずに応援するにはどうしたらいいのだろう。

 

一説には「がんばろう」がいいと言われている。

 

「がんばれ!」には応援したい対象者に向けて「だけ」のニュアンスがある。

例えば「あなたは」がんばれ!のように。

 

対して「がんばろう」は、応援したい対象者だけに向けられているとは感じにくい。

例えば「一緒に」がんばろう!のように。

今、がんばっている人に応援するだけでなく「こっちもがんばるからね!一緒にがんばろう!」

といった、あたかも共同体であるかのようなニュアンスに受け止めることができる。

 むしろ、がんばっている人には応援しないというのも効果的かもしれない。

「凄いね」「凄いですね」のなどの一言でも十分である。

 

応援したいから「がんばれ!」と言う。

それが応援している相手のモチベーションに、決して良い方向に進むかどうかは分からない。

むしろ「お前もな」と言い返されることがあるかもしれない。

 

「がんばれ」を「がんばろう」にする。

たった一文字のことではあるが、その一文字で受け止め方は大いに変わるのである。