看護学生 コツケンブログ

看護学生です。思ったことを書いています。

日常129 観光地と田舎の接客

近くに新しく有名になった観光地が出来て、休日になるとこれでもかというくらいクルマやバイクが近くを通る。

それにしてもバイクがうるさすぎる。なぜ、あんなに爆音にする必然があるのだろうか。ちょっと迷惑だな。

 

それはさておき、観光地が出来てたくさんの人が来るけど、その人たちが果たしてリピーターになってくれるだろうか。

人が来ないことで過疎化がどんどん進んでいる地方では、何とか人を呼び込もうと躍起になっている。ポケモンGOに便乗して、ご当地ポケモンを作ってくれなんて、いい例だろう。

ただ 、観光客を呼んでも観光客に対しての接客態度ってどうなんだろう。

 

正直、田舎の接客レベルってそんなに良くない気がする。あからさまに作業として接客をしている人はいる。笑顔も少ない。

なかには、すごく接客態度がいいなと思える店員さんもいるけど、考えてみたら他の店員がよくないから、その分だけいいと思えるのかもしれない。

競合店が少ないからとか理由はあるだろうけど、接客態度をもう少し改善したらリピーターも増えるんじゃないかな。

 

例えばの話だけど、商品を買う時には店員さんの態度も少なからず入るはず。

他店では数百円高いけど、ここの店員さんが気に入ったからここで買うことにしたなんてことはよくあると思う。

接客は物とは違い形にはできない。接客は気持ちだ。でもその気持ちによって、店員さんの接客態度がいいからまたここで買おう、ここに来ようと思えるんだろう。

 

そのお店の店員の態度がよくないから、そのお店には次は行かないなんてことはよくある話だ。これは観光地でも同じこと。

どこどこに観光に行った、そこの近くのお店の接客態度が良かった、というだけでそれこそ口コミとかで広がるしリピーターにもなるんじゃないかな。 

せっかく観光客が増えているんだから、接客についてもっと考えるべきじゃないかな。接客態度を見直しすることも必然だと思う。