読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護学生 コツケンブログ

看護学生です。思ったことを書いています。

日常128 ポケモンと経済効果と歩きスマホ

日常

ポケモンGOが人気ですね。

わたしはポケモンを体験したことがないから面白さが今一つよく分かりません。

 

ニュースでみる限り、任天堂の株価は大きく上がり、株価だけにとどまらず、充電器などその他周辺機器は売れに売れ、ものすごい経済効果みたいですね。

ポケノミクスなんて言われている。

任天堂の株を持っている人はさぞかし儲かっただろうな。

 

それから、健康面でも良いことがあって、ポケモンGOをすることにより、歩きスマホをするから良い運動になるみたいですね。

歩いてポケモンを探すことが運動になる。新しい健康法、ダイエット法ですね。

 

しかし、

海外から先行してスタートしたポケモンGOですが、日本で始まる前になぜしっかりとルールを決めておくということをしなかったのでしょうかね。

 

やってみなくちゃ何が悪いか分からない、とりあえずやってみよう。なんてことはよくある話ですが、ポケモンGOに関しては始める前からいろいろ予測できたんじゃないのかな。

 

あんだけ、テレビや新聞で歩きスマホは控えましょうと言っているのに、助長しとるじゃないですか。

 

スマホを見ながら歩いて、急に立ち止まりカメラを前に向けて、ニヤリとしていた人がいましたが正直、いろんな意味で危ないんじゃないかな。

 

学校でも、急にスマホを向けられるから、何事か⁈と思ったら、ポケモンを撮っていますだと、びっくりしますよ。

 

出雲大社の中はポケモンGOを禁止とか、立ち入り禁止の場所にはポケモンが現れないように設定してくれ〜とかいろいろ言っていますけど、

なんだろう、なんか違和感を感じます。

 

立ち入り禁止の場所とか、ゲームをするべきじゃないと考えられる場所ではポケモンが現れないように、最初からしっかりとルールや場所を決めておいたら良いんじゃないの。

ここではポケモンGO禁止とか、なんか違う気がすんだよな。

 

ポケモンの聖地と呼ばれている場所では看板が壊されたり、未成年者と夜中にポケモンを探していたから捕まったなんてニュースがありますが、

 

こればっかりは、ゲームをしている側がモラルを持ってポケモンGOをするしかないでしょうね。

 

ゲームは楽しいほうがいいでしょうから、規制されたり禁止されたりと制限されることが多くならないように、周りのことを考えて遊ぶべきなんでしょうね。

 

しかし、ここまでニュースや話題になるなんて、それだけポケモンの人気はすごいということなんでしょうね。