読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護学生 コツケンブログ

看護学生です。思ったことを書いています。

日常95 ラインの既読は悩ましい

日常
最先端の技術革新により、今さまざまなテクノロジーが私たちの生活に役立てられている。

想像してみてほしい。


今から遡ること数十年前、郵便制度が始まった。「手紙」という情報を送る媒体により、連絡をとる手段は確実に進化した。

そして現在、手紙はSNSと呼ばれ、ほんの数秒で私たちの手元に届けられる。

既読という機能を搭載して...



みなさん「既読」してますか?


ラインを開かない日はないんじゃないかというくらい、どっぷりとぬか漬けのようにラインに浸かっている人もいるでしょう。

わたしは、浅漬けくらいのレベルで浸かっています。


よく、思うことなのですが、


「既読」という機能がなんとも悩ましいと思いませんか?


ラインを開いて既読をつけてしまったもんなら、何か返信しないといけないんじゃないかと思わせる、

返信しなけりゃ、既読スルーかといわれる

今では、「未読スルー」なんて言葉もあるくらい。(見てないだけじゃないんか、笑)


巷では、既読をつけないでラインを既読する方法があるみたいで、わざわざ電波をOFFモードにするというではありませんか、

もうそこまでして既読にしたくないなら、連絡をとり合わなくてもいいんじゃないかと思わせます。笑


メールが全盛期の頃には、既読なんてないもんですから、読んだか読んでないかとやきもきしたものです。

それに比べて、既読機能があることにより、言った言わないがしっかりと分かるようになりました。連絡をとるという機能のさらなる進化です。


便利な機能が増えることも良いことだけじゃないですね...


既読をするかしないかで、人間関係がギクシャクするならその程度の仲だったということかもしれません。笑


そんなSNS難民...

日本に増加しているんでしょうか。