読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護学生 コツケンブログ

看護学生です。思ったことを書いています。

日常94 何かをやめると何かが入ります

日常
新年度が近づき、新しいことがしたくなる、そんな人も多いとおもいます。


新しいことを始める時には、嬉しさとそれに対しての希望に満ち溢れているはずなんですが、


数日たてば、さっぱり興味を持てなくて、やめてしまった...という経験あると思います。


なんだか、続かないな...


なんでなんだろう。やる気の問題か?

それもそうなんですが、そもそもを考えてみれば、新しいことを始めるためには、今している「何かをやめる」ことが必要なんですね。



人間に与えられた時間は24時間あります。

この24時間は、みんな平等に与えられています。


で、


新しいことを始める前に、よ〜〜く考えてみると、その24時間を「何か」で埋めているはずなんです。


ネットサーフィンやテレビ、漫画...いわゆる娯楽と呼ばれることをしている人が多いんじゃないか?

(わたしはそうです)



であれば、その「何か」をやめて、そこにできた空き時間に、新しいことを埋めなくては、新しいことを続けることなんてできません。


だって、24時間のなかに「無理やり」新しいことをする時間を入れ込んでいるんですから、始める前にすでにパンクしているんですもん。


そりゃあ、続かないぜ...



......



「何かをやめてみる」

そして、空いた時間に新しいことを始める。


さあ、これで悩み無用だ。





......何かをやめること。

これね、言うには簡単だけど以外に辛いんですよね。
楽な方、楽な方へと人は進もうとするのは、しかたのないことです...笑


ですが、自分のためですからね。



結局はやる気の問題なのかな...笑