読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護学生 コツケンブログ

看護学生です。思ったことを書いています。

日常69 接客業を始めたころの新人の気持ち

新入生、新卒採用...

新しい門出の季節に近づいてきました。


新卒採用...懐かしいな。


......


18歳から27歳くらいまで接客販売業をしていました。

やりたいことが見つからないから、なんとなく初めた仕事です。笑


給料はそこそこです。

売れる人は給料が上がりますが、残業代もボーナスもありません。

シンプルな給料計算でしょう 笑


閉店後は勉強会だとかで、サビ残、休みはありますが、店に来て手伝いをする。



仕事を始めたころは、お客様と話をするのでいっぱいいっぱい。売り上げ?ノルマ?しるか!!笑


ですが、『新人ですから』が通用するのは、3ヶ月くらいです。笑


給料もらってんだから給料以上の仕事をしような、それが上司の口ぐせです。


売り上げを上げるためには販売力を上げること。

新人は研修の嵐!


電話対応にしても何にしても、研修がありましたが、研修は研修、実践の場とは違います。
いくら研修しようが、接客業における接遇力は、数をこなしていかないと身につかないのでしょう。笑

......


以前の会社では、いろいろ勉強させていただきました。笑



今では、『わたし』『わたくし』なんて会話の中で言えますが、


実際に社会に出て使ってみないと身につかないよ。


今でも、こういう場ではなんて表現するんだっけな〜と思います。


基本、ですます口調で対応していますが... 笑


新しいことを始める時には、誰でも緊張すると思いますが、気張らずにやったほうがいいです。

ただし、礼儀と言葉遣いはていねいにしたほうがいいですよ。


ニホンジン、ソウイウコトニ、ウルサイヨー。