看護学生 コツケンブログ

看護学生です。思ったことを書いています。

看護学生17 実習2日目です

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。
意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。


今日実習をしていて、この文章を思い出しました。


これ、夏目漱石草枕の文章なんですけど今の世の中を表しているな〜と感じます。
明治くらいでしょうか、この文章を書いたのは。

その時代から人間の本質というか性格というものは変わっていないんだなと思います。


成功者とか勝ち組というのは、世渡り上手ってことなんでしょうか。


......



実習2日目です、眠い。
なんだかすごーく疲れている。緊張疲れですね。

2日目にしてさっそく来ました。実習名物の質問責め。


朝からブルーです。

だからなに書けばいいの、質問ばっかりしてこないでちゃんと教えてくださいよ...
そんなことを思いながら、イライラしての実習開始!! 笑


2日目は情報収集をして、看護計画を考えます。

看護計画の立案、そのための関連図、これが時間かかるんです。

これができれば実習の半分以上をクリアです!!
あとの実習はひたすら、言いたいことは言わずに我慢して耐えるのみ。笑



ここからは余談です。

社会人を経験してからの人、あるいはプライドを持っている人には難しいことかもしれないけど、
波風をたてないように、ペコペコしておくのが一番じゃないかな、なんて考えます。

冒頭の文章であるように、難しいんですよ。
学生の立場というのは。



本題にもどります。


なんとか、計画の方向性が決まりホッとしました。

あとは関連図と記録をひたすら書くのみ。

学生のみんな、早く寝ようぜ!


疲れてきたぜ〜〜 笑