看護学生 コツケンブログ

看護学生です。思ったことを書いています。

日常 42 ベッキー騒動どうなるの

ベッキーが不倫騒動を起こしましたが、
今日の朝の生番組には出ていました。

プロ根性ですね。


世間であーだこーだと言われていますが、与えられた仕事をこなすことにプロ根性を見ました。




それはさておき、仕事を休むことって案外難しいですね。

仕事を休まずに、職場に行くのは社会人のルールでしょう。

もちろん遅刻をせずに。


ただ、体調が、わるければ潔く休むことも必要ではないかなとも思います。


たまに、本当に熱があるのに無理して出勤してくる人がいます。

職場で、マスクを着けてゴホゴホ咳をして鼻声で目の下にクマがある...

仕事に対しての意識が高いなと思います。すごいなと。


...その一方で、休めばいいのにな〜と思うこともあります。


周りに風邪をうつすかもしれないな〜とか、風邪が悪化して次の日から長期で休んでしまうんじゃないかな〜...なんて、
休憩時間中に同僚たちのはなしのネタになることもあります。



もちろん、絶対に休めないこともあります。


ただ、ある程度仕事を同僚にまかせられるのなら、思いきって休むことも必要なんじゃないか。

休んだら休んだで、周りの負担は確かに増えますが、
ですが案外、職場って上手く周ると思います。
なんとかしないといけないんです。
(その人の専門分野とか、仕事の内容にもよるでしょうけど。)


無理して職場にでて周りに心配されるよりも、潔く休むことも必要ではないでしょうか。