看護学生 コツケンブログ

看護学生です。思ったことを書いています。

日常36 山登りは健康にいいですよ

山に登ってきました。

下関にある、山の上のお寺に行きました。

けっこうハードな山登りなんですが、ここに行くとスッキリした気持ちになれるので、年に何回か登ります。

自分にとってのパワースポットです。


今日は人が多かったですね〜。県外からも来ていましたね。

ためになる説法をしっかりと聴いてきました。

どんなことかというと、


自分の長所をしっかりと把握して、その長所をどんどん伸ばす。欠点を気にしないこと。
人と比べることはよくないことです。
自分のことを低く評価しないで、自分の強いところをどんどんアピールする。

自分のいいところを出し惜しみしない。

お願いごとをする時も、何を自分がしたいのか、具体的に思い描いて具体的にお願いすることが大切。
自分がどんだけ頑張っているか胸を張って、主張する。


自分で決めたことを深く考えない。考えすぎはよくない。

使っていない細胞に働きかける。そうすると、やっと使ってくれるのかと細胞はいう。
自分の使っていない未知のチカラがある
。10代だろうが、20代だろうがやれることはやりなさい、少しの違いが大きな違いになる。


いやなことを忘れる努力をする
忘れることも大切です。
いやなことを思っても、他人の思ったことを変えるのはムリだけど、
自分が思ったことを変えるのは自分の意志しだい。


賢い人ほどよく考えるけど、考えないことも大切。
頭を使わないことも賢いこと。
考えない時間をつくることも必要。


年齢を重ねるごとにいやな人の、一人や二人は出てくる。
いい人はいい人で固まり、いやな人はいやな人で固まる。
いやな人は極力さけて、いい人たちといることが大切。

日々明るく過ごすことが大切です。

...


こういうことを聴いてきました。


聴いてきたことをどう考えて、どう使うか自分しだい。
難しく考えず、いろいろやってみるとします!