看護学生 コツケンブログ

看護学生です。思ったことを書いています。

看護学生1 実技試験が終わって、発熱が...

昨日、実技試験の再試験がおわりました。
放課後に試験がおわってから一時間後くらいに熱が出て38度まで上がり、フラフラになってしまい

結局、今日は仕事を休みました。

熱は下がったのですが、カラダのいたるところがヒリヒリズキズキと...治らんもんやね。


12月3日に試験がありましたが、昨日の再試までずっーーーーーーーーーーーっと、再試のストレスがとれませんでした。
それがきっかけで、熱がでたのかなんて考えてもみたり。

看護学校の実技試験は、ひとグループ3〜4人くらいで、合計8グループくらいに分けて試験を受けるのですが、グループそれぞれに担当の先生が配置されます。

何回か試験を経験すると、この先生は厳しいとか細かすぎるとかが分かるようになります。
かならず、再試にする先生もいます。笑


その時点ですでに不公平感があるのですが、そこはみんな割りきっています。


ただ今回の試験は違いました。実習が近いからということで、
わたしたちのグループの担当先生は、徹底的にやるからねと宣言!!


案の定、一回目の試験の結果がでて再試になったのですが、なんか採点結果に納得できないなと思っていたら、試験担当の先生から呼び出しが...


わたしが言いたいことがありそうなのに、言わないのに気づいたそうで呼び出しです。

その先生は、実習のころからわたしに対して厳しかったので、思いきって聞いてみました。

「なんで、わたしに対して実習の時から厳しいんですか? 何かしましたか?」

すると、
あなたが何かしたわけではないけど、あえて厳しくしてるということでした。

「...どういうことでしょうか?」と聞きましたが、

...意味がわからなくなりました。

成績や記録やレポート、先生方に対する態度も、まぁ良い方だけどそれだと今後、壁にぶちあたったときにメンタルがやられてしまうと思ったから、今、厳しくしてるのよ。
過去にも同じような人を見てきたから分かるということでした。

今回の実技試験はグループでよく話し合うことも必要だったのですが、
グループのメンバーは、再試の常連メンバーで放課後の練習にあまりこない人たちでした。
なんとまぁ、それもあえて選んだと...

わたしがこのメンバーではツライですと弱音をはくのが見たかったみたいで、
ツライでしょ?今、と聞いてきたり...

先生が言っている意味はわかるんですけど、理解しようにもできなくて心にひっかかっていました。
そんなことを言われてからずっと、メンタルにきてました。


今までにそういう人を見てきたから分かるって、みんな性格が同じじゃないだろうよ、壁にぶちあたったとしたらその時にしっかり相談にのってくれよ...

壁にぶちあたる前に、先生が壁をつくる、それも得意げに。

おかげさまで、しっかりメンタルにダメージきてます。

先生って生徒を守る立場なんじゃないの?


試験担当の先生に呼び出しされてから、元気がなかったから、今度は担任から呼び出しがあり、こんなことがありましたと説明したら、担任からはそんなことは絶対にわたしはしないから相談してほしいと言ってくれました。
なんだかな。相談しづらいわ。



......

基本、再試験はすぐにあるんですけど、他のグループの人たちが合格していく中、わたしたちのグループは練習が少ないということなのか、なかなか受けれなくて、
(他の先生が空いてんだから、他の先生でもいいじゃん)

他のグループは実習前の準備しているなか、実技試験の練習...
えっ、受かってないの?うそやろ?とクラスの人たちの声...

何やってんだろ、俺...と、ストレスだけがどんどん溜まる。


やっと昨日、再試を受けさせてもらったんですが、前回の試験と出来は同じくらいなのに合格しました。

(前回の試験のほうが上手くできてた気がするけどな)


合格したのに、ぜんぜん嬉しくありません。
なんですかね、このスッキリしない感じ。

その後、発熱が...笑 


再試までのそのあいだ、ずっとメンタルをやられていたみたいですが、気にしないふりをしていました。

それがいけなかったのかな〜、普段ならカラオケ行ったりするのに、カラオケに行く元気もなくて。

試験が受かったのにイマイチ元気がでない。いつなったら、メンタルが治るかな。