看護学生 コツケンブログ

看護学生です。思ったことを書いています。

日常11 モテたくてチャーハンをつくる

美味しいチャーハンといえば、ごはんがパラパラであること。

なぜ、ごはんがパラパラだと美味しいのか根拠はわかりません。

一人暮らし時代、チャーハンにハマったことがありました。
そういえば、一人暮らしするとなんで料理を追求したくなるんでしょう。
使い方もよくわからない香辛料買ってきたりしてました。

モテたくて、カッコつけてたのかな〜と思います 笑

そんななか、チャーハンなのですが、パラパラにするコツをいくつか見つけました。


• ごはんをしっかり温めること
• フライパンをしっかり温めてから、ごはんを入れること
• フライパン全体にごはんを広げること
• ごはんをあまり、混ぜないこと


つぎにすることは

• タマゴをごはんの上で割って、軽くごはんと混ぜる

• 塩、コショウをかける

• タマゴが固まってきたら、マヨネーズをお好み焼きにかけるみたいにサラサラとかける
(マヨネーズがダメな場合、ベーコン入れたらいい)

この3つです。

あとは、強火でフライパンを前後にとにかく振ることです。
仕上げにネギを入れてさっと炒めます。

そして、完成です。


チャーハンの具がタマゴとネギしかないけどそこは節約です 笑


しゃもじでチャーハンをつくるんですけど、しゃもじはあんまり動かさずにフライパンを前後にとにかく振ることが大切です。
なぜ、そうするといいのかの根拠はわかりません。

混ぜるという表現より、馴染ませるとでもいったほうがいいですかね...むずかしい 。
あと、一番簡単にパラパラにする方法は、
チャーハンの素使えば、たいていパラパラに近くなります。笑


やせたいのに、チャーハンとか言ってる場合じゃないんですけど、
美味しいチャーハンが作れるとカッコいいですよね!! 笑