読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護学生 コツケンブログ

看護学生です。思ったことを書いています。

日常2 ノロウィルスの恐怖は経験しなくちゃわからんぜよ

ノロウィルスの季節が来ます

......3年前の12月中旬、看護学生になる前のことです。
夜中に腹痛が止まらず、ガマンできずにトイレに行って出すものを出す。
寝ていれば治ると思い込ませてガマンしてたら、こんどは吐き気がし始めてガマンできずにトイレに行って吐く。吐いてから少したつとまた腹痛が始まる...

これの繰り返しが続きました。

「これがノロというやつなのか...なんでこうなったんや、なんでなん...」
原因がわからないから息をハァハァしながら呪文のように、なんでや...なんでや...と言ってたのを覚えてます。

トイレに何回もいくものだから、上からも下からも水しかでません。
なのに止まらない腹痛と吐き気。
上からも下からもくる苦しさに、ついに過呼吸になりパニックをおこし救急車で近くの病院に行きました。

病院に着いたらこの苦しさから解放してくれる何かしらの処置があると期待してたけど、夜間の処置室でバイタル測ってもらい、その後はベッドで安静にして息を整えてというだけ
「ほんとか?!酸素マスクとかつけんのか?!」とココロのなかでさけんでました。
苦しいわ〜〜とパニックでしたけど、病院に着いた安心感からいつのまにか寝てたみたいです。

30分くらい寝てたみたいで起きたら呼吸も安定していました。

病院の先生からは、おそらくノロにかかったんでしょう、念のため仕事は休んでくださいねと言われたので
2日間、仕事を休ませてもらいそのあいだはクスリを飲んで、食欲があんまりでないからポカリとバナナで過ごしました。
2日目の朝くらいから腹痛と吐き気は止まりましたが、あの苦しさは忘れられません。

本当に怖いですよ、ノロウィルス。
しかもアルコール消毒が効きません。ノロウィルス強すぎです。
基本的には手洗いして予防するしかありません。


この季節は本気で手洗いして予防しよう。


(ノロウィルスの消毒には次亜塩素酸ナトリウムが有効です)