看護学生 コツケンブログ

看護学生として社会人として、書きたいことを気の向くままに書いてます!

SMAP 28 たいせつ

SMAP、28枚目のシングル

たいせつ

 

たまにはゆっくり行くことも、たいせつなんだと思う。


いそがし過ぎるのが日常になっていると、いつの間にやら自分の中にある「リズム」みたいなものがズレ始める。

 

何に負けたくないのか、何かを成し遂げたいのか漠然としてよく分からないけど、やたらめったら、いそがしさを求めている。

いそがしいことが、カッコイイと感違いしているのかも知れない。

ホントは余裕があるくらいの方がカッコイイはずなのに。

 

そんな、リズムのズレに気づいたなら、いつもの歩幅よりも半歩縮めて歩いてみる。それか、しばらく立ち止まってみてもいい。

 

16ビートの感覚を8ビートに変えてみる。

いそがしいリズムを無理やり変えてみる。

 

たまにはゆっくりやることも、たいせつなんだよ。

ゆっくりしていることで、気づくこともある。

 

それと、みんな独自のリズムを持っているはず。

 

気が早い人、ゆっくりな人、

気が合う人ってのは、このリズムが合う人のことを言うんじゃないだろうか。

 

気があう人ってお互いのリズムが合っているから、心地よいのだろうな。

 

たいせつなのは、リズムだ。

 

 

SMAP 27 夜空ノムコウ

SMAP、27枚目のシングル

夜空ノムコウ

 

あれから何かを信じてこれたかな。

そもそも、信じてきたことってあったかな。

 

10年前の自分と今の自分、何が変わっただろう。

 

10年前は21歳。

仕事をガムシャラにこなして、一人前と呼ばれたくて頑張っていた。

 

仕事ばかりで、ご飯もろくに食べていなかったからすごい痩せていたな。

 

ブラック企業」だったことは言うまでもない。

人間関係や社会のルール、マナーをものすごい勢いで吸収していた気がする。

 

今考えると、何かすごい頑張っていた気がする。

ブラック企業で乗り越えたことが、実は誇りになっているのかな。

 

ブラック企業で働いていたことが、誇りとはなんたる皮肉だろうか...

 

今、31歳。

新しい仕事をするためにひたすら勉強している、

だけど、なんだか考え方とか態度は10年前の方がしっかりしていて頑張っていた気がする。

 

忍耐力にしても昔の方があったような...

 

最近、自分への「甘さ」がわかる。

 

昔は良かった、なんて言いたくないけど、

 

良かった気がする...

 

そう思う、 今日この頃...

 

 

 

看護学生31 実習中の休日

実習が始まっている。

大変だ、いろいろと。

 

実習中の休日ということで考えることも、いろいろと。

実習は上手く楽しく乗り越えたいもの。

だが、そうなかなか一筋縄ではいかない。

 

なんで大変なのか。考えてみた。

 

 

1、記録が大変だ。

とにかく実習中は書く、書く、書く...

記録の量が多いというのは実習の内容にもよるが、字の上手さなんて気にする余裕がないくらい書く。

ただし、ここで気をつけることは内容が濃い記録が書けているのかどうか。

いくら書いても内容がペラペラなら意味がない。

正直、アセスメントにホントの正解がないから大変なんだよ。

データをすぐに解釈できれば話は早いんだけどね。

そのためには、必要な項目をあらかじめ用意しておけばいいんだよな〜。

 

 

2、関連図に時間がかかる。

関連図を書いているとつくづく思うのだが、パソコンじゃダメなんだろうか...

記録もそうだけど、手書きにこだわる理由がわけわからん。

 

3、行動発表、振り返りの時に気持ちをブルーにさせるな...

実習の一番のストレスが溜まるポイントは、実はここなんじゃないかなと思う...

実習の対策はいろいろあるけれど、一番は教員対策をすることなんじゃないか...

 

看護の世界ってもっと素晴らしいと思うのだけど...

 

 

記録、関連図、行動発表...

 

憂鬱だ。

 

実習中の休日に思う、こんなこと。

SMAP 26 Peace!

SMAP、26枚目のシングル。

Peace!

 

「しあわせ」はどこにあるのだろうか。

人は何でもないようなことが「しあわせ」であることに本当は気づいているはず、

それなのに、多くを求めがちになる。

 

今よりもさらに「いいこと」「いいもの」を求めてしまうのである。

 

人類がスタートした時から、人はより良いものを求めた。

それが今の文明の力であり、叡智である。

その結果、世の中にはいろんなものが増えすぎた...

 

必要なものから、快楽を求められるものを欲しがる。

欲求を満たそうとするのである。

もしかしたら次こそいいものが、いいことがあるかもしれない。

そう思うとその欲求はとどまることをしらない...

そして、中毒のように欲しがるようになる。

 

それが...

 

スマフォのゲームだ...

 

スマフォのゲーム市場ってどうなんだろうか、好景気はいつまで続くのかな。

スマフォでゲームをしている人口は周りに多い。

中毒のように、スマフォをいじっている...

ゲームに一喜一憂している。

 

平和だ。

 

たまに「楽しいことないかな」と口走る人がいる。

どんな楽しいことを探しているのだろうか。

とりあえず、スマフォから少し遠ざかってみたらいい。

 

何か見つかるかもしれないのにな。

 

SMAP 25 セロリ

SMAP、25枚目のシングル。

セロリ。

 

セロリは香味野菜と言われる。

独特の香りが強いし、くせのある味だから苦手な人も多いであろう。

 

そのセロリだが、

実は、とてつもないチカラを持っているのだ。

 

なんとまあ、あのセロリ独特の苦味のあるような香り...

あの香りに癒しの効果があるというのだ。

セロリには約40種類以上の香りの成分があるのだが、セロリの香りの主成分である「アピイン」や「セネリン」には、リラックス効果があると言われている。

そう、ストレスを緩和できるのである。

 

また、「ピラジン」という成分には血行促進効果もあると言われている。

 

さらに、セロリにはビタミンCを始めとしたさまざまなビタミンも含まれている。

さらにさらに、セロリにはマグネシウムカリウムといったミネラルが含まれ、カロリーも低いなど、

実は、あの独特な香りとくせのある味のセロリはいいことだらけなのである。

 

まさに「良薬口に苦し」が似合う野菜なのである。

 

このことを知った上でセロリを食べずにいられるだろうか。

 

セロリ、恐るべし。

 

しかし、なぜ山崎まさよしさんはこの曲に「セロリ」とタイトルをつけたのだろうか...

 

 

SMAP 24 ダイナマイト

SMAP、24枚目のシングル。

ダイナマイト。

ダイナマイトなバディーでもいいんじゃない?

いいと思う

 

 

ここから本題。

 

......成功するか、しないか......

 

ダイナマイトと言えばノーベル賞

ノーベル賞にも物理、科学といろいろな賞があるが、

イグノーベル賞というものが世の中にはある。

ユニークなことを発見した人に送られる賞であって、ノーベル賞とは「別物」である。

 

このイグノーベル賞、毎年のように日本人の受賞者がいる。

今年度の受賞は「股のぞき効果」であった。

これも日本人受賞者だ。

 

前かがみになり。股の間からものを覗いてみると実際よりも、ものが小さく見えるということを実験から証明した。

...何とも単純な実験だ。

誰でも思いつく「ような」ことだ。

しかし、誰もが思いつきながらも今までそれをしなかった。

「するかしないか」この単純なことをしたことで、

イグノーベル賞を受賞するといった「成功」になったのだろう。

 

こう考えてみると、成功は意外に身近なところにあるのかもしれない。

 

気になったことをそのままにしないで、多方面からよく考えてみる。

普段、見過ごしているような出来事をつきつめて細かく考えてみると、小さな発見がやがて大きな成功へと繋がるのかもしれない...

 

SMAP 23 SHAKE

SMAP、23枚目のシングル。

SHAKE。

チョベリベリ最高...な曲だ。

 

「鮭」

この「鮭」という漢字を「さけ」と呼ぶのか「しゃけ」と呼ぶのか...

どっちが正しいのだろう。

関東地方、関西地方での呼びかたの違いなのかな。

 

それはさておき、本題。

「鮭」と「サーモン」は何が違うのだろうか。

 

どっちも同じだろうと思っていたけど、ちゃんと違いがあった。

 

結論から言うと、

「鮭」は国産で採れたもの、

「サーモン」は輸入ものという違いがあるらしい。

 

が、しかし...

これで解決とはいかない。

「鮭」と「サーモン」の違いはこれでは終わらない。

もっと奥が深かった...

 

昔、「サーモン」は「ニジマス」なんだと聞いたことがある。

じゃあ「サーモン」は「鮭」ではないじゃないか...

と思いきや、

ニジマス」は、どうやら「鮭」と生物学上同じだというのである。

なんとまあ「鮭」と「鱒」が同じだとは...

 

「トラウトサーモン」という言葉がある。
スーパーで売っている生食用のあれだ。これを翻訳してみる。すると...
トラウトは「鱒」、サーモンは「鮭」となるのである...

「鮭」「サーモン」「鱒」、これらは繋がっていたのだ。

「サーモン」は鮭であり鱒であるということなのか。

 

しかし、ここで疑問が出てくる。

どうやって「鮭」「サーモン」「鱒」を見分けているのだろうか。

さらに、なぜ「サーモン」は生食があるのに、「鮭」には生食がないのだろうか...

 

疑問がありあまる...

 

「鮭」

 

美味しいだけではない、奥深いぞ...

 

 

 

SMAP 22 青いイナズマ

SMAP、22枚目のシングル。

青いイナズマ。

キムタクの「ゲッチュ」が印象に残る曲だ。

この曲くらいからSMAPがかっこいい、好きだと思い出した。

今でこそSMAPは5人で活動しているけど昔は6人だった。この「青いイナズマ」から5人で歌い始めたんだ。

 

イナズマ...雷...

雷神様は菅原道真様であるといった説があるそうだ。

あの、学問の神様の菅原道真公である。

才能が豊かすぎて、周りから疎まれて都から追いやられて太宰府に左遷される。

才能がありすぎることがよくないなんて...

 

しかし、「才能」ってどうやって見つけるんだろうな。

どんな分野でも「プロ」と呼ばれる人たちは「才能」があるから「プロ」になれるのだろう。

 

「才能」ってなんなんだろう。

 

何かをやり続けないと「才能」は見つからないのだろうか。

得意なことをやり続けたら「才能」は開くのだろうか。

 

 

どうやったら才能が見つけらるのだろうな...

 

看護学生30 学生だからこそ...出来ること

学生という立場でいられるのもあと少しだ。

卒業したら働くわけで、それが当たり前なんだけど怖い気もする。

 

社会人から学生になって、甘っちょろい性格になってしまった気がする。

 

朝、電車に乗って職場に行ってメンタルすり減らしての毎日...

メンタルを回復させるための休日があってそれが続いていたんだ。

 

学生になってからは仕事よりも勉強をするようになった。

...学生気分というのだろうか、最近は自分の甘さによく分かる。

 

学生だから勉強するのは当たり前だ。

だけど、

何だかモヤモヤする。

 

学生のうちだからこそ出来ることがある

 

そう思うんだ...

  

学生のうちに出来ることをしておかないのはもったいないな。

 

SMAP 21 はだかの王様 シブとくつよく

SMAP、21枚目のシングル。

はだかの王様

 

日常生活を「裸族」で過ごす人もいるだろう。

この「裸族」にもいろいろとメリットがあるらしい。

 

世の中のいろいろなことに締め付けられ、タイトな洋服にも締め付けられ......

どこかで緩めなければやってられない。

もちろん家の中だけの話ではあるが、体を締め付けずに過ごすことは肉体的にも精神的にもいいそうだ。

カラダを締め付けるのをやめると「冷え症」の改善になるというのである。

タイトな洋服はカラダの曲線を美しくみせてくれる。

シュッ!とした姿はかっこいいものだ。

しかし、いくらかっこよくても本当の洋服の目的が果たされているのだろうか。

 

洋服の目的のひとつに「保温」という目的がある。

それが、タイトな洋服を着ていると肌と生地の間の「空気層」が少ないため、体温調節が上手く行えないというのだ。

さらに、カラダを締め付けることによって血行が悪くなり、冷え症を引き起こすきっかけとなるのである。

 

これらのことから「裸族」でいることのメリットは大きいと考えられるのである。

もちろん家の中での話だが.......

 

.....風邪をひかないように気をつけることは大切である....

SMAP 20 胸騒ぎを頼むよ

SMAP、20枚目のシングル。

胸騒ぎを頼むよ。

 

買い物に時間がかかる人。

女性に多いと言われるが、男性にだっている。

わたしもその一人である。

買い物に時間がかかる理由について考えてみる。

 

例えば、スーパーでの買い物...

野菜ひとつでも、質がいいのはどれなのか、お好み焼き粉にしても本当に安いのかグラムの単価を出してみる。

 

野菜、肉、魚、それらがどんな料理に使えるのかを想像してみると、時間があっという間に過ぎるのである。

調味料コーナーなんて想像の宝庫だ。

 

洋服にしても、それが長く使えそうか、

同じようなのを買ったことがないか

コーディネートに合いそうか想像する...

つまり、買い物中に想像することが楽しいのである。

 

買い物に時間がかかる理由は、想像してしまうからかもしれない...

 

買い物最高!!

 

 

SMAP 19 俺たちに明日はある

SMAP、19枚目のシングル。

俺たちに明日はある

 

年齢を重ねると、昔の「もの」や「古風」なことに興味がでてくる。

「神社、仏閣めぐりが好き」なんて良い例だろう。

なぜだろうか。古き良き日本のことを知りたくなるのだろうか。

時代が先に進むにつれて、過去のことを知りたくなる。

 

世の中、便利になりすぎた。

例えば、昔の恋愛を想像してほしい。

今でこそLINEやメールですぐに連絡、情報共有が簡単に素早くできるが、昔はそんなものはない。

それでも、何とか恋人と連絡を取り合っていた。

何とかしていた。

スマフォ全盛期の時代に、何を言っているのだろう。

だけど、そんなことを考えてみると世の中の便利さに感謝するとともに、昔は昔でそれなりに上手く回っていたんだなと想う。

昔の「もの」ほど価値が出ることだってある。

鑑定してみたら超高価なものだった、なんてことだってある。

 

時代とともに世の中が便利になることはいいことであるが、

今の時代に感謝しながら、たまには昔に想いを馳せてみるのもいいことだ。

 

SMAP 18 どんないいこと

SMAP、18枚目のシングル。

どんないいこと。

 

「いい服」は長持ちする。

 

最近は安く手に入り、おしゃれに着こなすことができるアパレルメーカーの服を好んで着ている。

 

最近、安く手に入る服にも生地に差があることに気づいた。

 

働き始めてそこそこの収入があった数年前...

たまには「ハイブランド」の洋服を着てみたいと思い、そこそこ高めな洋服を買うことにした。

 

ジャケット、シャツ、ジーパンを買った。

20万円くらいの買い物だった...

何をしていたのだろうか...

今では考えられない。

 

しかし、高い洋服はそれ相応の価値がある。

生地が本当に良いのだろう、着心地はいいし、体のラインを綺麗に見せてくれる。

そして長持ちだ。

 

メンズ雑誌に載っているような洋服の価格を見て、なんでこんなに高いんだと思うこともある。

しかし、実際に高い洋服を着てみると「生地」の高い安いの違いに気づくことができる。

安く手に入る洋服にも生地に多少の差がある。

 

「安物買いの銭失い」という言葉があるが、安くても長く使える「いい服」を探す力を持つことも賢いことである。

 

 

 

SMAP 17 しようよ

SMAP、17枚目のシングル。

 

「しようよ」

話しをしようよ...

 

自分の本心を面と向かって話すことができる、そんな相手がいる人は幸せだろう。

自分のことを正直に話せることは、とても大切なことである。

 

あなたに「親友」はいますか?

といった質問に、およそ半数の人は「親友はいない」と答えるらしい。

(テレビ番組のアンケート調査でやっていた)

 

「親友」と呼べる、呼び合えるような仲とはどんな仲なのだろうか。

親の友、つまり、家族のような友ということなのだろうか。

 

ツイッターやFB、LINEが普及してからというもの「知り合い」を増やすことには事欠かないようになった。

 

「知り合い製造機」さながらのSNS

知り合いから友達になったという人もいるのだろう。

 

ここで思うことは「知り合い」「友達」 の境とはなんなのだろうか。

どこから友達になるのだろう...

 

 

 

そんなことが分からないようでは「親友」を作るにはほど遠いのかも知れない...

 

 

SMAP16 KANSHAして

SMAP、16枚目のシングル。

初めて買ったCDでもある。

この頃、小学生。

ようやくSMAPを知り始める。

 

歌詞の意味が小学生の頃はよく分からなかったが、

どうやら「女を知らない男に対しての歌」のようである。

 

女性はよく分からない...

機嫌が良いのか悪いのかどっちなのか分からずに、飲みの席でやらかしてしまったことも数知れず...

 

それに対して男性は基本シンプルである。

機嫌が良いのか悪いのか分かり易い。じつに単純である。

 

未練がましいのも男のほうだという。

元カノに対して、もしかしたら、あわよくば元サヤになれないかと考えるそうだ。

女性を友達として見ていると言っている男でも、あわよくば...なんて考えていることは多いのではないか。

 

女性から「バカね〜〜、オホホ」と言われても何もいい返せない。

 

女性の交友関係はとてもデリケートだ。

普段、仲よさそうに楽しく話しているように見えても、じつは仲が悪いなんてことはよくある話である。

飲みの席にうっかりその人たちを呼んでしまったりしたら総スカンもいいとこだ。

 

女性の交友関係しかり、 ドロドロした内情は、よほど勘のいい男以外にはそうそう気づけたものではない。

分かっているつもりでも本当には分かっていない。

 

 

女性はとにかく分からないものだ。