読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護学生 コツケンブログ

看護学生です。思ったことを書いています。

日常145 桜花賞だよ。強い奴はどいつだい?

ラッタッター、ラッタッタター♪
どうも、コツケン・カエラです。

桜が咲いています。満開といっていいほどに咲いています。

季節は春になりました。気温も20度近いです。
コートもいらず、だんだんと暑くなってくるのでしょう。

そんな中、すでに暑さを...いや「熱さ」を増しているのが、

そう、

桜花賞」です。

わたし、つい最近から競馬を始めました。
勉強の息抜きとして、趣味の範囲でやっています。
競馬はお金がかかりますから、趣味でするにしても

「冷静に熱くなりすぎずに」

これが大切です。

競馬を予想するのが楽しくて、楽しくて、つらいや。

 

それでは、桜花賞を予想してみます。

ちなみに、競馬をしてない人には、全くもって無益な記事でしょう。笑


2017 桜花賞

雨のため、また、開催日程が進んでいることから、内枠の芝が傷んでいると予想される。そのため、外枠が有利ではないかと考えられる。

 

ソウルスターリングを軸に考える。

相手は、6 9 10 12 15 16

14 ソウルスターリング
関東馬のため競馬場までの輸送面に不安が残るが、今回が3回目の輸送であり、過去の戦績からも不安は払拭され、輸送に関して「慣れ」があると考えられる。
そして、過去のレースを見るにあたり、他の馬とは芝の1600において、格の違いがあると感じる。
雨が唯一の不安材料であるが、今までのレースでは体重が480kg程で出場しているため、牝馬としてはパワーもあると考えられる。また、外枠であることからも、雨による芝がもたらす影響を受けにくいと考えられる。
おそらく、晴、雨でも芝1600は強いであろう。
また、ルメールがアドマイヤミヤビよりこちらを乗ることを選んだのも強みと考えられる。


6 リスグラシュー
毎回、あと少し距離があれば勝てそうなレースをする。1800で好タイムを出していることから、適正距離は1800以上からと考えられる。
内枠、雨、距離のことを考えると3着に入ることがやっとではないだろうか。このあとのオークスを前に調整することを考えても、リスグラシューがレースを勝ちきることをイメージしきれない。


9 ゴールドケープ
「穴」候補である。
今までのレース後のコメントによれば、雨が降れば強いらしい。


10 レーヌミノル
「穴」候補である。
芝で適応しなければ、ダートに使えるくらいパワーがあるらしい。
毎回「おしい」レース展開をする。
ダイワメジャーの血統である。
1400、1600ともに良いレースをする。
雨が不安でもあり、それがまたレーヌミノルにとっては好材料でもあるのではなかろうか。


12 アエロリット
「穴」候補である。
関東馬であり輸送面に、また、雨であることに不安材料がある。
ソウルスターリング、アドマイヤミヤビがいることから勝ちきることをイメージしきれないが、不安材料である雨が功を奏し、先行すれば一発があるかもしれない。


15 アドマイヤミヤビ
悩みどころである。
ソウルスターリングに負けず劣らずの戦績である。しかし、G1には初出場であり「経験」を考えるとソウルスターリングに勝ちきることがイメージしきれない。
雨、経験の少なさといった不安材料のほかに、ルメールからの乗り替わりが気になる。
好調のデムーロになったとはいえ、どうだろうか。

16 ミスパンテール
悩みどころである。
前回のG3のレースで2着であり、1600は適正距離といって申し分ない。
不安材料は場数が少ない、雨、外枠であること。
ダイワメジャーの血統と馬体が500kg程なことから、一発はあるのかもしれない。


買い目を減らすとしたら、

14 ソウルスターリング
15 アドマイヤミヤビ
12 アエロリット

でしょうか。

 

芝がかなり悪ければ、10 レーヌミノル、16 ミスパンテールを。

雨が強くなったら、9 ゴールドケープを追加。

 

.......かな。

 

とにかく、良い馬ばっかりだから予想がつかない。

 


予想はあくまでも、個人の趣味の勝手な想像も入れた予想なので、独り言であり、アテにしないでください。

 

 

 

......

結果はソウルスターリングが3着か。

 

予想は楽しいわ。

 

 

看護学生32 学生に必要な文具パート2

かなり前に書いた「学生に必要な文具」という記事が好評のため、パート2を。

 

前回は「ボールペンの色」について書きましたが、

今回はあったら便利なものを一挙に書いてみようと思います。

以下の文章にどんどん挙げていきます。

 

1、『筆記用具入れ』は、穴あけパンチが入るくらい大きいのが良し!

2、『消しゴムは2つ』あったほうがいい。

3、『シャーペンは0.3』が書きやすくて良い上に、付属の消しゴムは意外に使うことがあるから、あなどるなかれ!

4、100均で売っているから、『穴あけパンチ』を自前で持っていると良し!

5、リングファイルより、『透明なクリアファイル』のほうが良し!

6、『定規』は小さいのと大きいのがあったほうが便利だ。

7、前回の記事にも書いたけど、『ボールペンは0.5より細い』ほうが良し!

8、『付箋』は可愛さも必要だけど、機能性を考えて用意したほうがいい。

9、『蛍光マーカーは2色、少なくとも3色』あればいいんじゃない!!

10、メモ用紙にもなるから『ルーズリーフ』は持っておくべし。

なぜこれらを揃えるのがいいのか、その「根拠」とやらは後々書いていきます。

 

全ての文具に言えることですけど、可愛さや格好良さも退屈な学校生活のモチベーションのためには、モチろん必要だと思います。

そこも大切ですが、やっぱり看護学生の必要とする文具は、使いやすく長持ちするといった、

 

『機能性』

 

これが一番大切だと思います。

また、文具を揃えるにあたってですが、学生だから安いほうがいいのは、あたり前田のクラッカー。

安く揃えることに、こしたことはないです。

しかし、

安くても使いづらいのを使い続けるより、多少高くても使いやすい文具をセレクトしたほうが良いです。

例えば、

実習の記録をしていて、何時間もシャーペンを握ってたから、ペンだこができてしまった.....

テスト中に、消しゴムで書いた字を消そうとしたらなかなか消えないから、答案用紙をビリッと破いた...

付箋に字を書き入れようとしたら、書くスペースが少ないじゃないか.......

なんてことはよくあること。

もちろん文具の価格はピンキリです。

そして、価格が『高い』からいいとは言いきれません。

安くても使いやすいものもあるでしょう。

ただ、文具を購入する時に、実際に文具を使っているところを想定して、イメージした上で揃えることをオススメします。

看護学生の文具は、いわば『大切な武器』ですから、

文具選びは慎重にしたほうがいいでしょう。

 

日常144 冒険することも必要だ

「なんとかなる」という言葉はあんまり好きじゃない。

ある程度、何をするか計画を立ててからじゃないと安心しない。

 

何をするにも、計画を立てないと効率が上がらないし無駄が出る。

これはすごくいい考えだ。

だけど面白みがないんだよな。

順調に進むことは気持ちが楽だ。

 

道に迷ったら、どっちに行くか。

たまには地図をあてにしないで、直感で進んでもいいんじゃないだろうか。

 

何でも調べればすぐに答えを探して、最短距離で進むのもいいんだけど、効率を求めてばかりではつまらない。

 

たまには冒険することも必要だ。

 

学生32 靴の減り方で歩き方のくせが分かるみたいですよ。今は心がすり減ってますけどね

何かへんだ、なんでこんなにすり減ってんるだ。

仕事で疲れて擦り減ってるなら分かる。納得できる。

 

なんで学校で擦り減ってるんだ。

何かへんだ...

 

学校でやることを仕事のように捉えるから、くそまじめに考えるから苦しい。

真面目に考えてるのに、その程度の考えでいいの?

真面目にやっている、こっちが馬鹿みたいだ。

学生という立場がよく分からない。

 

例えば宿題、提出期限守らなくても、笑って許されるやつがいる。

カンファレンス、参加するのに発言しないやつはなんなの?

積極性を求めています、なんて言っているけど、積極性なんてあるやつほとんどいないじゃない。

 

だからといって、仕事ならやればやるだけ評価になるだろうけど、やればやるほど出る杭は打たれるような気持ちになる。

やればやるだけ、今は虚しさが増える。

 

適当にやればいいんだろうが、今まで真面目にやってきたから、真面目に考えちゃうんだよ。 

 

 

........以上、看護学生の魂の叫びでした。

 

 

日常143 お酒に酔って良い気分になれるのがワカラナイ

人は孤独だ、孤独な存在だ。
孤独という恐怖から離れようと戦い続ける、孤独さゆえに人と関わりを持ちたいとする。

 

そして私は、孤独を受け入れないために、飲み会をしようとお酒に弱いにもかかわらず...

 

飲み会をしようと言い出すのだ...

 

お酒に弱いにもかかわらず、飲み会をしようと言い出す。本当にお酒が飲めない。

お酒に酔って良い気分になれるのがワカラナイ。

羨ましいことこの上ない。

 

多少なりとも飲むことで、コミニケーションをいろんな人と築くことに繋がるはずなんだよ。

そういう機会が、お酒に弱いと少ない...

お酒に強いということは、社会人にとって凄く強い武器だよ。

 

本当羨ましい。

 

 

 

 

日常142 理系か文系かどっち!?

早起きが続けられそうだな。

日記を朝に書くのはいいかもしれない。

 

 

理系か文系かどっちなの!?

 

と言われたらどう答えたらいいのだろうか。

理系でも文系でもどちらでもいいんじゃないかなとも思ったりするのたが、たまに話題に上がる。

 

そもそも自分が理系か文系かどっちなのかよく分からない。
これといって得意な科目もないし、そこそこできていた方だ。

 

理論か文系かということで人の性格を判断するのもいかがなものかとおもうけどな...

 

 

 

...理系か文系か気にしている時点で理系なのかもしれないな。

 

日常141 早起きにコツなんてないんだろうよ

寒い...

 

まじで寒い、

毎度のことだけど布団から出たくないね。

 

早起きをしようなんて、ずいぶん前から思っているけれども続けられたことがない。

ただ、1時間、2時間、早く起きればいいだけの話しなのに続けられない。

 

布団の中の絶妙に気持ちがいい温度に、「早起きしよう」という固い決意が今までに何度揺らぎ、そして勝ちきれなかっただろうか。

それほどまでに「早起きをするということ」は人類の課題なのかもしれない...

 

単に、私の課題なんだけど、早起きをしようと決めたけどなんだかんだで起きれていませんという人は多いはずだ。

 

早起きをするためのコツをいくつも試してきた..

目覚ましを増やす、起きたらすぐガムを噛む、水を飲む...他にも...

 

正直、どうしようもない。

 

早起きにコツなんてないんじゃないだろうか。

そもそも、なんで早起きしたいのか。

その目的がしっかりしてないなら、早起きなんてムリな話だよ。

 

 

......といういろんな理由を考えて、日記を書くために早起きをするという目的を決めてみた。

続けられるだろうか。続けるのだ。